夜の小樽の魅力を動画に!作品募集開始 (2016/08/10)

 小樽観光協会は、夜の小樽の魅力を紹介する動画の募集を、8月10日(水)から開始した。夜の小樽の楽しみや魅力的な風景を発掘し、国内外の観光客や市民に向けて、新たな魅力として発信することを目的としている。第1回夜★小樽プロモーション動画コンテスト

 ナイトマップや花街Webサイトを手がける、同会・会員交流まちづくり委員会(山本一彦委員長)が中心となり、小樽の弱点となる通過型の観光を滞在型にするようPRし、道外から訪れた人などの新鮮な目線を取り入れた動画に期待が集まる。

nightotarupv.jpg 愛媛県のプロカメラマンによるイメージPVを、公式Webサイトで配信中。故郷小樽に帰って来た時に、改めてこの街の良さを実感した内容で、3分間ほどにまとめている。夜の小樽プロモーション動画コンテスサンプル_望郷

 募集する作品の条件は、夜の小樽をロケした実写映像で、カップル・家族・仲間・ひとり旅のいずれかのカテゴリを設定し、物語を3分以内にまとめたプロモーションビデオ。

 最優秀作品(1作品)には賞金20万円及び副賞、優秀賞(4作品)は賞金3万円と副賞。入賞(複数)は副賞が贈られる。

 同会・久末智章副委員長は、「日帰り客が多く、泊まってもらうためにも夜に特化したもので、客観的に見た小樽、外部からの小樽にはどんなものがあるのか楽しみにしている」と話し、同会事務局・永岡朋子さんは、「気づかない視点で、改めて小樽の夜の魅力に気づいてもらいたい。市民にもぜひ見てもらいたい」と話す。

 作品は、来年2月28日(火)まで募集し、3月に審査、4月に表彰式・上映会を予定している。

 応募作品を収録したDVD-VIDEO、資料データをCD-Rに収録。必要事項を記入し、同意書欄への署名捺印し、作品応募用紙を1つに梱包し、直接または郵送する。応募方法は、専用Webサイトより事前にエントリー

 問合せ:0134ー33ー2510・FAX 0134ー23ー0522・E-mail(info2007@otaru.gr.jp)、一般社団法人小樽観光協会会員交流まちづくり委員会事務局・担当:永岡・山田

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈