少年野球の入船フェニックス 初の全国大会へ (2016/07/13)

 入船小学校と花園小学校の児童が入部する、入船フェニックス野球少年団チーム(平野貴大監督・部員18名)は、1980(昭和55)年の創立以来、初の全国大会出場を果たした。かねてからの念願が叶い、チーム一丸となって練習に取り組んでいる。

 4月下旬から7月上旬にかけて全道98チームが出場する、第5回北海道C-1トーナメントを勝ち抜き、ベスト4の成績を収め、8月13日(土)から17日(水)まで兵庫県淡路島で開催される、第38回全日本都市対抗少年野球淡路島大会への出場を決めた。

 また、7月16日(土)から18日(月)まで室蘭市と登別市で開催の全道各地で優勝した14チームが集結する、高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント南北海道予選大会へも、小樽を代表して出場。少年野球の甲子園と呼ばれる神宮出場をかけて、熱き戦いを繰り広げる。同チーム1回戦目は、優勝候補の滝川少年野球倶楽部の予定。

irifunephoenix.jpg

 現在、部員は6年生7名を含む18名。平野監督(42)も同チームOBで、当時、骨折して優勝を逃した苦い経験を持つ。息子が入部しコーチを務め、監督になって3年目。現在の6年生を4年生から育て、全国大会出場を目標に掲げ、練習メニューを変え、練習量を増やし、冬も体育館でトレーニングを続けてきた。昨年開催の新人戦で全道3位となり、手応えを感じたという。

 5:30から7:00までの朝練習を週3回と16:00から19:00までの夕練習を週2回実施している。バッティングよりも守備を中心に流れを掴んで勝つチーム。6月18日(土)花園グランドで開かれた小樽支部予選大会では、エラーにより1失点しただけだった。

 キャプテンでキャッチャーの長内尚希君(12)は、「支部大会優勝に向けて練習し、当日は集中できた。優勝できて嬉しかった。本大会(7/16)でも優勝し全国大会へ進みたい。試合中、声を出し集中して取り組めたら勝てると思う」と自信を覗かせた。

 ピッチャーの川村寛太朗君(12)は、「緩急をつけた投球をし完封。南北大会の1回戦目は良いピッチャーと聞き、点を取られないように抑えていきたい」と全力投球を誓った。

 同監督は、「息子がチームに入部してコーチとなり弱いチームだった。愛着があり指導に励んだ。全国大会は楽しもうと思う。南北大会は、優勝して神宮を目指したい」と意気込みを語った。

 なお、全国大会出場のための寄付金を募っている。問合せ 090-3770-2935 平野監督

 ゆうちょ銀行【郵便局から送金】記号19060  番号4372053
       【銀行から送金】店番号908  口座番号4372053
 名称 入船フェニックス父母の会

 入船フェニックス野球少年団HP

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


飲酒運転根絶を! 交通安全パレード

お母さんのための社会見学会!

奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈