「小樽写真散歩」by akemi iwata《緑化植物園の夏》 (2016/07/07)

 手宮緑化植物園(手宮3)の花々も夏の季節を伝えている。牡丹はすでに終わり、紫陽花の季節を迎えようとしている。

DSC01.jpg

 園内には、50株ほどの紫陽花があり、7月5日(火)に行ってみると、日当たりの良いところから咲き始め、まだまだ蕾が多い。緑の相談所の飯田守さんの話によると、大型の花をつけるエゾアジサイが多く、20日頃が見頃だという。

DSC02.jpg DSC03.jpg DSC04.jpg DSC05.jpg

 ハウチハカエデが木陰を作る場所周辺には、シロツメクサやたんぽぽが沢山咲いていた。

DSC06.jpg DSC07.jpg DSC08.jpg

 公園の下の神社の側の池は、春には水芭蕉が咲き、今は、スイレンの白とピンクの花が40ほど涼しげに咲いている。この池を毎年見ているが、こんなに多くのスイレンが咲いているのを見たのは初めて、秋まで楽しめるという。

DSC09.jpg DSC10.jpg DSC11.jpg
DSC12.jpg DSC13.jpg DSC14.jpg DSC15.jpg

 緑の木が生い茂る中、白い花をつけるナツツバキは、ひと際目立つ存在。地面に、白い花が沢山落ちていた。

DSC16.jpg DSC17.jpg DSC18.jpg DSC19.jpg

 アジサイ科の「ノリウツギ」も咲いている。この花は、枯れてからも茶色くなって翌年まで残る。林へ行くと良く見かける花で、雪が降っても茶色の花がドライフラワーのように枝に残っている花だ。

DSC20.jpg DSC21.jpg

 遠くから見ると花が咲いているように見えるケショウヤナギは、葉の色がピンクになり、花が咲いているかのように見える。

DSC22.jpg

 鮮やかな黄色のキンケイギクはハチ達が蜜を吸う。7月から9月にかけて咲く夏の花。

DSC23.jpg DSC24.jpg DSC25.jpg

 他にもホタルブクロや、キョウタノコ、色とりどりの花々を楽しむことができる。

DSC26.jpg DSC27.jpg
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈