議会休会さらに続く!市長は謝罪を拒否 (2016/06/20)

 小樽市議会(横田久俊議長)の第2回定例会は、6月14日の会派代表質問の途中で散会してから、15日・16日・17日の3日間も空転し休会していたが、週明けの6月20日(月)も休会を決め、本会議開会への目処が立たない状況が続いている。

 空転が続く中、17日(金)、安斎議員の再々質問の答弁において、謝罪の文言を入れるよう森井市長に伝えたところ、調整に時間がかかるとし、週明けの20日(月)10:00の理事会まで、市長の意向を待つこととした。

0620council.jpg 20日は、予定より20分遅れで理事会が開かれ、総務課長から、市長は謝罪の文言には応じないことが明らかになり、本会議再開の道が閉ざされた。

 濱本議会運営委員長は、「昨年の第2回定例会以降、様々な場面で、市長と議会の間の信頼関係が、少しずつ損なわれていった事実があり、謝罪ということに関して単なる表面的な謝罪ではなく、このことがきっかとなり、二元代表制の市長と議会の正常な信頼関係が再構築、または、回復する第一歩に繋がると認識している。強く斟酌されることを望む」と述べた。

 12:20の議会運営委員会で、上林副市長が市長の意向について

 ①公務と公務の途中、私用で立ち寄ったが、私用で公用車を使ったことはなく、適正に使用しているため、謝罪にはならず、答弁の訂正は必要ない。
 ②発言内容は、市長自身が決めることだ。
 ③議会が中断しているが、双方での協議であり、一方的に市長側の謝罪にならない。

と、この3つの理由から答弁の変更は必要ない考えを示した。

 改めて確認しても、市長は、断固として謝罪の文言は考えていないとした。あまりにも休会が続くため、会派でも質疑の中で追求する考えと、謝罪の文言を盛り込むべきとに分かれた。

 16:30に議会運営委員会で、本日の休会を決めた。横田久俊議長は「心苦しい。早急に再開できるよう模索したい」と述べた。

 なお、21日(火)は、10:00をめどに理事会を開き、開議に向けて協議する予定。

 あんてつ行く

 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈