芝桜の絨毯 倶知安の三島庭で満開 (2016/05/30)

 後志管内倶知安町JR駅裏手の三島和夫さん宅の庭で、芝桜が満開となり、町内外から芝桜を楽しむ多くの人で賑わっている。

shibazakura1.jpg 庭園を無料で公開する三島さんは、農業を引退し農地が荒れるのを防ぐため、2003年頃から植え始め、徐々に手入れをして増やし、現在は、4,000㎡の広大な土地に赤やピンク・白の芝桜の庭園を築いた。

 園内には、羊蹄山をイメージした小山や、土手の隅々まで、赤・ピンク・白の花々が咲き、絨毯の様に敷き詰められ、見事な光景に多くの人々が見とれていた。

 年々、クチコミで芝桜を楽しむ人々が増え、観光バスでツアーを組むほど人気のスポットとなっている。

 庭園からは羊蹄山の全景を望むことができ、芝桜とのベストショットを楽しむカメラマンやスマートフォンで撮影する人など、多くの人の目を楽しませている。

shibazakura2.jpg 三島さんによると、今年は、例年よりも少し早めに経過し、5月14日頃開花。日当たりの良いところから咲き始めた。花の色は全部で8通りほどあるという。水遣りや肥料は特に与えず、自然に任せている。

 5月26日(木)に満開を迎えてから初めての日曜日29日は、朝から快晴となり、残雪が残る羊蹄山がくっきりと見え絶好のロケーション。夜に雨が降り、花に水滴が残り、太陽光に照らされてキラキラと輝いて見え、訪れた人々を満足させていた。

また、昨年から芝桜と開花が同時期の菜の花を植えたところ、絶妙なタイミングで黄色のアクセントが新たに加わった。

 開花時期も綺麗だが、2mもの積雪が溶け始め、地面に埋もれている芝桜の芽が徐々に膨らみ始めたのを見ると、三島さんにとっては、待ちわびた春の到来を告げる光景がたまらないそうだ。

 昨年、広げたいと思ったところまで完成し、今後は、早く植えた部分を新しい苗と張替え、7月から9月までは手直しをする予定。

 三島さんは、「庭園は元気な間は続け、それが活力となる。満開後は、少しずつ色があせていくが、まだ1週間は楽しめると思う。できるだけ早くご覧いただきたい」と話した。

 開花情報などの問合せ:0136-22-3344 倶知安観光案内所(JR倶知安駅内)

 倶知安町 三島さんの芝ざくら庭園

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈