運動会だ!かけっこ教室だ! 小学生356名参加 (2016/05/22)

 運動会を控え小学生に走り方のポイントを指導する「かけっこ教室」が、5月22日(日)9:30から手宮陸上競技場で開かれた。

kakekko1.jpg 快晴の空の下、240名の定員を大幅に越え、1年生から6年生までの356名が参加。競技場のベンチでは、多くの保護者がその様子を見守った。

 5月末からの運動会シーズンに先立ち、走ることの楽しさ、速く走るポイントを伝授するため、小樽後志陸上競技協会(八田盛茂会長)が主催して開かれ、今年で3年目を迎えた。

 今回は、陸上の強化コーチや中高の教員20名が指導にあたり、桜町中と西陵中の陸上部員25名がサポートした。

 開会式で、横田久俊副会長は、「自己流で走っている人は、基本の動きを教えてもらい、必ず速くなる。運動会前にはしっかり復習して、速くなってもらいたい。運動会では、皆さんの健闘を祈る」と激励した。

 kakekko3.jpg1年生は3班に、2から6年生までは学年ごと2班に分かれて、競技場いっぱいに散らばって練習を開始した。陸上部の中学生も各班で手本を見せたり、サポート役を務めた。

 1年A班は、足の付け根を伸ばす準備運動を行い、全天候型のフィールドを使い、短い距離を何度も走った。

 他の学年では、ミニハードルなどの小道具を使って、足の上げ方や手の振り方を学んだり、はしごのように等間隔でマスが並んでいるトレーニング道具(ラダー)を使い、コーチや陸上部員が手本を見せ、速いステップで走り、基本動作を学んだ。

kakekko2.jpg 暑い日差しが降り注ぐ中、水分補給しながら、参加した子ども達は、真剣に練習に励んでいた。

 同協会平井秀昭理事長は、「腕の振りや前傾姿勢など走り方のコツを学び、走る歓びや入賞する嬉しさを通じて、陸上をする子ども達が増えてくれればと思う。運動会で勝ったよと報告され、なによりも嬉しい」と話した。

 28日(土)に運動会を予定している幸小学校2年・森田彪雅君は、「目標は徒競走で1位を執ること。頑張りたい」と話し、引率の母親は、「初めて参加した。細かく指導してもらい、とても良い取り組みだと思う」と話した。

 小樽後志陸上競技協会HP

 関連記事 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

科学の祭典! 実験や工作ブースを楽しむ会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈