「熊本地震」震度6強相次ぐ!小樽の庁舎倒壊か? (2016/04/17)

saigai2.jpg 九州熊本地方で4月14日21:26に発生した震度7の直下型地震で、多くの死傷者が出ており、TV報道でその惨状が映し出されるにつれ、多くの人に衝撃が走っている。

 地震の規模もこれまでの阪神・淡路大地震、東日本大震災等に匹敵する、これまでの最大級規模の地震となっており、今後の推移が極めて注目されるところとなっている。

 しかも、強い震度6強の余震が相次ぎ、被害が拡大しており、中でも、宇土市役所の庁舎半壊のニュースが流れ、小樽市にとっても他人事でない事態が現出している。

saigai1.jpg 小樽市を代表する大規模建築物の市民会館・総合体育館・本庁舎本館・本庁舎別館の4件は、老朽化が進んでおり、先に行われた耐震診断の結果、震度6強で倒壊するとの衝撃的な報告がなされている。

 宇土市役所の庁舎も老朽化が進み、建て替えが必要とされていたが、財政難もあり、これまで手が付けられず放置されてきたと言う。

 震度6強で倒壊するとされた小樽市の4大施設も、財政難で何らの対策も立てられず、放置されたままになっている。

saigai3.jpg 宇土市役所は、4、5階部分が崩れ落ち、倒壊の危険があるとして、庁舎を放棄し、裏庭に災害対策本部を設置するという機能不全に陥っている。(写真はテレビ映像から)

 「熊本地震」の影響が拡大する中、小樽に隣接する札幌地区には活断層が推定されており、震度6強の襲来も決して、他人事ではない事態になっている。

 直下型地震に対応する街づくりが緊急の課題になっているが、今回の「熊本地震」で、何らの対応を示せない市政が大きく問われることになった。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈