4年ぶりの日食! 小樽でも観測 (2016/03/09)

 太陽・月・地球が一直線場に並び、太陽が月に隠される現象・日食が、3月9日(水)全国各地で観測された。

bubunshisyoku.jpg 小樽でも、2012年5月の金環日食以来4年ぶりの日食となり、天文ファンを喜ばせた。

 今回の日食は、太陽の欠け方が小さく、食の最大でも食分0.122ほどの部分日食となった。10:39に始まり、11:17に最大に。11:56には食が終わり、1時間15分ほどの天体ショーとなった。

 この時期の小樽は天気が心配されたが、予報よりも太陽が顔を出し、日食の経過時は、雲に隠れたり見えたりを繰り返し、欠けた太陽を観測することができた。太陽の右下部分が欠け始め、食の最大時には、太陽の左下部分が欠けて見えた。

 小樽市総合博物館(手宮1)では、「昼の観望会 部分日食を観察しよう」を開き、市民ら30名が参加して、部分日食を観測した。

 同館・担当の大鐘卓哉学芸員をはじめ、同館天文ボランティアの協力により、望遠鏡や太陽投影板などを使って欠けた太陽を映し出し、安全な方法で部分日食を楽しませた。

 大鐘学芸員は、「徐々に欠ける太陽の観測を続け、食の最大11:17には雲に隠れてしまったが、その3分後の11:20に観測できた」と話した。

 インドネシア方面では、太陽が完全に隠れる皆既日食が観測され、次回の部分日食は、2019年1月6日となる。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


似鳥美術館にステンドグラスギャラリー新設

雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈