小樽年末年始特集  〜小樽の初日の出〜 (2015/12/31)

★小樽の初日の出~時刻は7:07~

 2016年の小樽の初日の出時刻は7:07で、日本で一番早い初日の出は、南鳥島の5:27、富士山が6:42、犬吠埼6:46。

 小樽の初日の出が昇る方向は方位121度(方位は北を0度とし、東回りに360度まで測った角度で、真東は90度)。すなわち、石狩湾の銭函海岸方向を見られる位置がベストということになる。

 7:07小樽の初日の出時刻の観測地点は、東経141度00分北緯43度11分で、小樽港の海図で街の中心部を取り、住吉神社の西北西200mの場所で、5mの眼高で水平線から昇る太陽を見た場合の時刻(第一管区海上保安本部海洋情報部)。見る場所の位置によっては、この計算より遅れることもあるので、ご注意を!

 小樽の街は東にある海に向かって拓けているので、市内の至る所で初日の出を眺められる。祝津展望台(江差追分歌碑)・小樽天狗山山頂・手宮公園・花園公園・小樽港ふ頭などからや、市内の海の望める高台ならどこでも。

 2012年は、7年ぶりに神々しい初日の出を拝むことができ、2013年は雲の切れ間から僅かに太陽が顔を出し、初日の出を拝むことが出来た。2014年は日の出時刻に雪が舞い、雲に隠れたままだった。

 2015年は、天気予報では雪と雲りのマークがついていたが、大晦日から降雪はなく、穏やかな天気で予定時刻は過ぎていたが、日の出を拝むことができた。2016年も、天気予報は、西の風・くもり一時雪となっているが、今年同様に、太陽が顔を出してくれることを期待したい。

◎日の出サイト

 小笠原諸島から日本一早い初日の出

 初日の出情報

 平成28年(2016年)北海道の初日の出情報

 ライブカメラ〜海上保安庁

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈