永遠の名車スバル360を語る!ミュージアムラウンジ (2015/12/12)

 小樽市総合博物館(手宮1)では、同館の指導員や学芸員が小樽の歴史や自然・科学などをテーマに、話題を提供するミュージアムラウンジが、毎月開かれている。

subaru306-1.jpg 今月は、伊藤公裕学芸員が講師を務め「スバル360ってどんな車?」が、12月12日(土)、同館・2階研修室で開かれ、車好きの市民ら25名が参加。「てんとう虫」の愛称で親しまれたスバル360の魅力に耳を傾けた。

 伊藤氏は、これまでに、アイアンホース号の整備点検方法や船について講演し、エンジン系統に詳しい技術者。どんな仕組みなのか知るために、スバル360を2013年秋に購入し、愛車にしていることから、同館の自動車館で静態保存している同車を、今年の夏頃から整備して、エンジンがかかるように修理している。

 スバル360の諸元や特徴などを分かりやすく説明し、その後、場所を自動車館に移動し、実物を見ながらの説明で、名車の魅力に触れた。

 同車は、富士重工(スバル)が開発した4人乗りの軽自動車。1958(昭和33)年から1970年(昭和45)年まで生産され、49万台売れた。

subaru306-2.jpg ボディは、モノコック式と言われ、それぞれのパーツに剛性と強度を持たせるため、曲線加工している。0.6mmの薄い鉄板を曲線加工し、力を分散させ剛性を実現。骨組みをなくして軽量化し、居住空間を広く取ったことも特徴。

 軽量化については、屋根にFRP(強化プラスチック)を採用し、リアガラスには、アクリル板を使用している。

 2ストロークエンジンを搭載し、コンパクトだが比較的大きな出力。当時36.5〜39万円と安価に抑え、燃料は混合ガソリンを使用している。車のコストを下げ、丈夫で安心して乗れる車を作り、多くの人に乗ってもらう大衆車が会社の狙いだった。

 モデルチェンジはないが、構造はより良く改造され、1970(昭和45)年まで生産された。その後、現在まで、同車の継続車R-2が技術を受け継いでいる。

subaru306-3.jpg ブレーキの特徴や当時のCM、市内で走行中の古い写真なども紹介し、広く親しまれていた名車を振り返った。

 参加者は、構内の自動車館に移動し、所蔵の「スバル360 K111型」を見学した。1969(昭和44)年車で走行距離2万km。全長2990mm・全幅1300mm・全高1360mm・重量415kg。

 車内やエンジンルームなどを公開し、参加者は、エンジン音に歓声を上げ、スバル360を堪能した。

 市内84歳の男性は、「当時中古を25万円で購入し、一番最初に乗った車。フェリーで家族4人で四国を旅行した思い出がある。今日の話は面白かった。現在は、スバルのR-2に乗っている。そろそろ、免許証を返さなくてはと思っている」と懐かしそうに名車を眺めていた。

 伊藤学芸員は、「エンジンがかかるようになったので、今後、館内を走行させることができれば」と話した。

 関連記事 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈