個人・団体競技に白熱!シルバースポーツ大会 (2015/08/26)

 小樽市主催の第42回小樽市シルバースポーツ大会が、8月26日(水)9:30から、小樽市総合体育館(花園5)で開かれ、スプーン競争など4つの個人種目と、でかボールはこびなど5つの団体種目、フラフープくぐりリレー・ジャンボ輪投げのクラブ対抗種目の11種目を実施し、白熱した競技が続けられた。
silversports1.jpg
 今年度は、銭函地区からの参加者が増え、昨年度の27チーム386人を超える、33チーム418人が参加して、心地良い汗をかきながらスポーツを楽しんだ。

 同大会は、市の高齢者生きがい対策事業の1つで、老人クラブや60歳以上の市民を対象に実施され、最高齢参加者で奥沢本町熟年会の南義常次郎さん(92)と花園花央会の東川香代子さん(92)は、個人競技の「幸運のいす」に出場した。

silversports2.jpg 開会式では、大会長の小樽市長らが挨拶し、代表選手が選手宣誓を行った後、小樽保健所秋野所長から「熱中症」についての講話があった。その後、ウオーミングアップのラジオ体操を実施し、競技を開始した。

 はじめに、団体競技の○✕クイズを実施、赤組と白組が最後にひとりずつ残り、引き分けとなった。個人競技のスプーン競争では、各組3位までに記念品が贈られた。

 参加者は、はつらつと一生懸命に競技に挑み、知人や仲間を応援する声援が会場内に響き、楽しい時間を過ごしていた。
silversports3.jpg
 スプーン競争でがんばり3位になった緑本町緑樹会・古川洋三さん(79)は、「毎年参加して8年目。リラックスして頑張り楽しかった。春夏秋冬と4回大会を実施しても良い」と笑顔で話した。

 昼食を挟み、午後からは、缶ころがしや紅白玉入れなどの競技を実施し、15:00前にすべてのプログラムを終了し閉会した。

 小樽市高齢者生きがい対策事業

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


子ども職業体験 おたるワークステーション

小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈