ニッコールクラブ小樽支部 14名56点を展示 (2015/08/12)

 ニッコールクラブ小樽支部(本郷正利支部長)は、8月12日(水)から16日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで、第7回写真展を開催している。

 会員15名のうち、14名のカラーやモノクロなど4つ切りから全紙サイズまでの56点を展示している。

nikkorclub1.jpg 同クラブは、ニコン製品を愛用しニッコールクラブの会員が、平成20年に発足し、仲良く・楽しくをモットーに、写真を趣味として楽しむ、小樽・札幌・江別在住の男女が集まり、活動している。

 年4回の例会があり、気に入った写真を持ち寄り互選し、会員相互の勉強会を行い、写真技術の向上を目指している。高得点の作品は、ニッコール会報誌「サロン・ド・ニッコール」に応募し、そこで再審査され、選ばれた作品が会報誌に掲載される。

 会場には、全紙サイズの大きな作品が多く、色鮮やかなカラー写真やモノクロ写真が目を引いた。各作品には、機種やレンズ・シャッタースピード・絞り・ISO感度・デジタルorフイルム・撮影地が添え書きされ、参考とする鑑賞者も多い。

 吉田義則さんは、道東方面のネイチャーを得意とし、今回は、知床のヒグマの激写4点を出展。野生のヒグマの野性味溢れるダイナミックな様子を捉えている。堀野正憲さんは、出展したモノクロ4点を、自分で現像する写真愛好家。

nikkorclub2.jpg 今回から参加する藤松佳晃さんは、市内の桜の名所である手宮緑化公園や水天宮・奥沢水源地・宏楽園を写真に収めた。

 江別在住の古間木興子さんは、音更町でふきのとうと福寿草が咲き始め、まだ雪が降る寒い日、エゾリスが現れたシャッターチャンスを逃さず、エゾリスの表情を上手く捉え印象的な作品に仕上げた。

 林令二さんは、見事な皆既月食や霧の中の杉林、水草の模様など、なかなかお目にかかれない自然を狙っている。オーロラの撮影にも挑戦しているという。

 成澤克朗さんは、岩見沢市で開催のふるさと百餅まつりでの楽しそうな人々や、北海道神宮の境内でしめ飾りを持って歩く人物など、人物にレンズを向けた作品が多く、「1年に1度の作品展をご覧いただければ」と話した。

 14名が様々なテーマで撮影に取り組み、例会で学んだ成果を発表している。

 ニッコールクラブ小樽支部写真展 8月12日(水)〜16日(日)10:00〜17:00(最終日16:00)
 市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリー 入場無料

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

科学の祭典! 実験や工作ブースを楽しむ会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈