個性ある面白い作品展!「第11回睛竜会展」 (2015/06/17)

 絵を描くことが好きな市民が集まる「第11回睛竜会展」が、6月17日(水)から21日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで開かれている。

seiryukai1.jpg 同会(河合幹夫代表)8名の水彩・油彩のF6号からF50号までの絵画作品43点を展示している。

 会名の睛竜(せいりゅう)会とは、中国のことわざで、物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ「画竜点睛」に由来している。絵画においても最後の仕上げが重要であることから命名され、九分通り出来上がっているのに、大事な一点が足りない場合や、また、一筆が必要ない場合など、どこでおしまいにするか決断が大事だという。

 以前は、老荘大学OBを対象としていたが、現在は、絵が好きな人なら誰でも入会できる。会としての例会はなく、年に1度、作品に向けて、余暇を活用してそれぞれが制作に励み、日頃描き貯めた中から自信作を持ち寄り、ほぼ新作を発表している。

seiryukai2.jpg 河合代表は、風景画を得意とし、釧路湿原の朝を50号にダイナミックに描いた作品など5点を発表。杉山英二さんは、宏楽園の庭や旧手宮線の緑を生き生きと描き、北大の名所の秋のイチョウ並木など、個性を生かした作品に仕上げた。八幡郁子さんは、静物画を7点出展し、野菜や壷・鏡餅など、丁寧に描かれている。

 河合代表は、「出展者の気持ちとして、作品を見て感動してもらいたい。絵に詳しい先生に意見を頂き、励みや勉強になる。それぞれに個性があり比較もでき面白い作品展だと思う」と話した。

 第11回睛竜(せいりゅう)会展
 6月17日(水)〜21日(日)10:00〜17:00(最終日16:30)
 市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリー 入場無料

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


小樽龍宮神社例大祭!

レバンガ・折茂選手 さくら幼稚園へ用具寄贈

青空に3,040人のランナー! 運河マラソン

和を遊ぶに800人! 伝統文化に大喝采

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈