住宅地・商業地ともに下落率縮小!小樽の地価公示 (2015/03/18)

 国土交通省は、3月18日(水)、平成27年1月1日時点の地価公示を公表した。

 「地価公示は、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が1月1日時点の調査地点(標準地)の正常な価格(公示価格)を判定し、その結果を公表するもの。北海道においては、昭和47年以降、毎年実施されている。

 道内では、地価公示法に基づく対象区域である道内99市町を対象に1,297地点で調査が行われた。

 北海道の宅地の平均地価は、平成4年以降23年連続の下落となったが、札幌市で上昇地点が、また、旭川市、帯広市、釧路市等で横ばい地点が増加したほか、地域によるが長年の下落による値頃感の醸成等から、平均での下落率は4カ年連続で縮小した」。

 小樽市は、47地点が対象とされ、「利便性の優る住宅地で平成10年以来の上昇地点が生じたことや平成4年からの下落継続に伴う値頃感の醸成から、住宅地、商業地ともに下落率は縮小した」とした。

 商業地のトップは、昨年と同じ、入船1-1-2のメルヘン交差点近くの170,000円(㎡)で、住宅地も昨年と同じ、花園2-10-23の34,000円(㎡)と、横ばいとなっている。詳細は、下記リンク参照。

 関連記事

 地価公示 | 土地総合情報ライブラリー | 国土交通省

 小樽市の地価公示検索

 平成27年地価公示

 人口10万以上の都市の変動率

 国土交通省地価公示・都道府県地価調査検索

 標準地・基準地検索システム~国土交通省地価公示・都道府県 検索

 北海道の地価について

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈