多喜二命日 雪深い墓前にカーネーション (2015/02/20)

 小樽が生んだ日本を代表するプロレタリア作家・小林多喜二を偲ぶ「多喜二祭」が、2月20日の命日に合わせて開かれた。

 多喜二が眠る奥沢墓地に、全国各地からファン約80名が訪れ、墓前に80本の赤いカーネーションを献花し、多喜二の生きた時代に思いを馳せ偲んだ。

takijisai1.jpg 小林多喜二祭実行委員会(寺井勝夫実行委員長)が主催し、1988年から命日の2月20日に毎年開かれ、今年で28回目となる。

 13:30から開かれた墓前祭は、多喜二が父親のために建て、自らも眠る奥沢墓地で開かれた。墓前までの道は、前日に実行委員ら20名ほどが協力して道をつけ、墓の回りを除雪し準備を行った。

 青空が広がる好天の下、ツアー客を乗せたバスと、JR小樽駅前を出発した貸切バスが、奥沢墓地へ到着し、雪の一本道を多喜二の墓へ向かう人が列を作った。

takijisai2.jpg 実行委員長会を代表して菊地よう子氏は、「命を掛けて民衆の幸せと平和のために戦った生涯は、今日、私達の歩む道に蘇り励ましている。この思いを、赤いカーネーションとともに、墓前に捧げたいと思う」と挨拶した。

 参加者は、赤いカーネーションを墓前に捧げ、思い思いに多喜二を偲んでいた。

 同会・斎藤力事務局長は、「昨日、実行委員が雪を踏んで道をつけ、墓の雪を除雪した。毎年、広島や大阪・福岡など、必ず参加する人もいるが、年々少なくなっている。無事にカーネーションを献花し、多喜二を偲ぶことができた」と話した。

takijisai3.jpg 福岡県久留米市の野田尚代さんは3年続けて参加。「最近は、きな臭い世の中で、多喜二の時代のように呑気にしていられない不安な気持ちになる。多喜二の思いが広がっていると、参加してひしひしと感じた。若い世代へも伝えるために、私達が心を引き締めて、歌や映画などを通じて、引き継ぐことができれば」と話した。

 18:30から、市民センター(色内2)マリンホールで、小林多喜二原作・大地巌脚本の構成劇「東倶知安行」と、文芸評論家・宮本阿伎氏が講師を務める「多喜二の描いた女性像~格差・差別なき公正な世を~」の催しが開かれ、在りし日の多喜二を偲んだ。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ちびっこ消防士 放水やはしご車を体験!

海の安全を守る!海保総合訓練に約900人

どんどこザブン♪ 都通りで潮踊りお稽古会

百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈