国際的視野を広める図書寄贈 小樽ユネスコ協会 (2015/02/01)

unescobook1.jpg 小樽ユネスコ協会(丸田謙二郎会長)は、新刊図書13冊(2万円相当)を、市立小樽図書館(花園5・野口陽一館長)へ寄贈した。

 同協会が、1月に開催した「チャリティーカレンダーリサイクル市」での収益金の一部を充て、国際的視野を広めるための図書資料の拡充の趣旨に合わせ、同館の図書館司書によって選ばれた新刊で、2月1日(日)から貸出を開始する。

 その贈呈式が、2月1日11:00から、同館1階事務室で、丸田会長夫妻をはじめ、原田祥二世界文庫委員長・安達久美子事務局長が出席して行われた。

 今回は、9日間の日程で来日し、丸田会長宅にホームスティ中のインドネシア訪日団(高校生51名)の引率者の女性2名も同席し、インドネシアを紹介した本を同館へ寄贈した。

 同協会は、1949(昭和24)年に、札幌ユネスコ協会に次ぐ、道内2番目のユネスコ協会として設立され、青少年の健全育成や国際交流・ユネスコ運動の啓蒙など、多彩な活動を続けている。
unescobook2.jpg
 新刊図書の寄贈は、1974(昭和49)年から続けられ、今回の13冊を含めると、累計冊数は1,779冊にものぼる。

 同館の図書館司書が、世界情勢等の観点から選び、連日メディアを賑わす「イスラム国の正体」(ベストセラーズ)や「ジャーナリズムの現場から」(講談社)、ノーベル平和賞を受賞した勇敢な少女・マララ・ユスフザイさんの手記「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」(岩崎書店)などを集めた。

 野口館長は、「大変お世話になっている。普段、国際的な本を選ぶ機会がなく、毎年、この時期に寄贈され、その部門の本が充実され大変感謝している」と述べた。

 丸田会長は「インドネシアと日本との繋がりは強いが、あまり知られていない。人口も多く将来伸びる国。もっと理解を深めるためにも、今回選ばれた本の『インドネシアが日本の未来を創る』(成甲書房)などを読んでもらいたい」と話した。

 小樽ユネスコ協会

 関連記事

unescobooklist.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈