春告魚がやって来た!今年初の"群来"を確認 (2015/01/27)

0127kuki1.jpg

 春告魚とも言われるニシン(鰊)の"群来"が、1月27日(火)早朝、小樽市の塩谷海岸で、今年初めて確認された。

 小樽漁業協同組合によると、「今朝、当組合員の漁業者から連絡があり、職員と市役所職員とで、8:30頃に、塩谷の桃内海岸に確認に行ったところ、桃岩付近の海面が乳白色に変化して、帯状に広がっていることが確認された。これは、今年初めてのこと」とのこと。

 ここ数年、小樽の海岸では、"群来"が見られるようになり、鰊の漁獲量もあり、市場では、刺身や焼き魚として売られるようになっており、市民は、群来のニュースとともに、春遠からずと感じる。

 かっての小樽は、鰊の漁獲高で経済を繁栄させていたが、昭和29年から群来がなくなり、この現象は伝説となっていた。しかし、近年になり、稚魚の放流事業などの成果で、再び、伝説の群来が、ここ5~6年で見られるようになった。勿論、往年の盛況には及ばないもの、毎年、家庭で鰊の味を楽しめるようになってきている。(写真提供:小樽市役所)

 群来:産卵期を迎えた鰊が大群で浅瀬に押し寄せ、産卵により海が乳白色に染まること。

 小樽市役所〜ニシンの群来が来た!

0127kuki2.jpg 0127kuki3.jpg
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈