遠ざかる冬の嵐! 小樽の海は大しけ (2014/12/18)

 暴風雪や大雪で、道内のオホーツク海側と太平洋側東部を襲っていた冬の嵐は、「峠を越えた」と札幌管区気象台が、18日16時08分に発表した。

 暴風雪と高波及び大雪に関する北海道地方気象情報 第14号

 発達した低気圧の影響で、道内は16日から18日にかけ、大荒れの天候となり、陸・海・空の交通機関などに、運行休止や遅延が相次いだ。

1218weather.jpg 17日には、小樽市にも暴風雪・波浪警報が発表され、関係機関は対応を迫られた。17日・18日の両日は、市内小中学校も臨時休校となった。

 だが、小樽市は、オホーツク海側と太平洋側東部地区の大荒れとは大きく違った。積雪も16日12:00に49㎝だったが、17日・18日の12:00の積雪は共に36㎝と同じだった。16日の49cmの積雪が、17日の36㎝に減ったのは、雨によるもので、厚い雪で覆われていた樹木の雪囲いからも積もった雪が消えた。低気圧の3日間でも、小樽は暴風雪の影響が、ほとんど見られなかった。

 しかし、強風の影響で海は大しけとなり、小樽と舞鶴・新潟を結ぶフェリーは欠航となった。18日(木)の午前中も海は大荒れとなり、大きな白い高波が小樽港の北防波堤を繰り返し襲っていた。小樽港のふ頭から見た大しけの動画が、この模様を伝えている。

 札幌管区気象台では「海は引き続き19日明け方まで大しけが続きますので、高波に警戒してください」と呼びかけている。

 暴風雪と高波及び大雪に関する石狩・空知・後志地方気象情報 第7号

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈