小樽硝子アート展2014 市内のガラス作家が集結 (2014/10/16)

glassart2014.jpg 小樽市内工房等で製作活動するガラス作家が集結した「小樽硝子アート展2014」が、10月29日(水)から11月2日(日)の日程で、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリーを会場に、小樽市文化祭協賛事業として初開催される。

 夏と冬に開かれるガラスイベント小樽がらす市実行委員会が主催。市内在住の19名の作家が、独創性を活かし、ガラスのグラスや器ではなく、普段あまり目にすることのないガラスの芸術面をクローズアップさせた作品を、この展示会のために製作し出展。恒例のがらす市では味わえない、ガラスの魅力を再発見するイベントとなっている。

 同イベント代表の木村直樹(KIM GLASS DESIGN代表取締役)さんは、「10年、20年続けられるようガラスアートの分野を伸ばす必要があると考え、展示会を開きたいと思っていたところ、タイミング良く話があった。普段作っているガラス製品以外のものを、より知ってもらいたい」と説明した。

 会場では、参加する19名の作家が、2名ずつ交代で常駐し、作品の紹介や工程などを必要に応じて説明し、いろいろな分野の作家と直に触れ合えるアート展となっている。

 吹きガラスやバーナーワーク、ガラスに絵を描く作家など、様々なガラス作家が一同に集結し、オブジェなど、空間を有効的に使い展示する。また、製作に使う道具や設備なども展示し、製作中の動画も会場のスクリーンに映し出すなど、今までになかったガラスアートの展示会となり、今後継続して行う予定。

 作家同士の刺激にもなり、子どもからお年寄りまで、多くの来場者に楽しんでもらるよう企画している。

 小樽硝子アート展2014 10月29日(水)〜11月2日(日)10:00〜17:00
 市立小樽美術館(色内1)市民ギャラリー 入場無料

glassart2014.jpg
glassart2014list.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ちびっこ消防士 放水やはしご車を体験!

海の安全を守る!海保総合訓練に約900人

どんどこザブン♪ 都通りで潮踊りお稽古会

百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈