「小樽写真散歩」 by akemi iwata《近づく紅葉前線》 (2014/09/28)

 小樽市内の街路樹のナナカマドが色付きはじめた9月28日(日)、9月も残すところ3日となり、日に日に秋の深まりを感じる。

 紅葉スポットで知られる小樽定山渓線の山々では、すでに紅葉が始まり、木々の葉っぱが色とりどりに色づき始めている。

 北海道大雪山系からはどこよりも早く紅葉の便りが届き、今年は例年より早く、9月16日には初雪を観測した。夜間との寒暖の差を感じるようになり、紅葉前線も徐々に舞い降りる気配が漂う。

 朝里ダム周辺では、少し色づいている葉もあるが、まだ紅葉とは呼べない。定山渓へ向かうに従い、山々が黄色や黄緑、橙、赤と燃えるように色づき始めている。

 小樽定山渓線は、小樽朝里から30〜40分で定山渓に到着する絶好のドライブコース。途中の札幌国際スキー場では、紅葉見物のゴンドラが、27日(土)から10月13日(月・祝)の9:30から15:30(上り乗車最終15:00)まで運行を開始した。

 同スキー場では、月形町の新鮮な野菜や焼きたてのパンなどを販売。スキー場関係者は、山頂の紅葉状況を5分程度と話している。これからが見頃を迎える。

 小樽市内では、これから足早に紅葉前線が舞い降り、もみじやイチョウも色づき、市民の目を楽しませる日も近い。

 札幌国際スキー場紅葉ゴンドラ

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈