定例市長記者会見 カジノ誘致に執心! (2014/09/26)

 小樽市は、9月26日(金)11:00から、市役所(花園2)2階市長応接室で、定例市長記者会見を開き、「広報おたる」8月号に掲載した10月6日(月)からスタートする戸籍事務の電算化について報告した。

 道内の他の自治体では、電算化が80%を超え、むしろ小樽市は遅いほどで財政負担を考慮し、この時期の開始となった。

 戸籍に関する各証明書の発行など、本市の戸籍事務の電算化を、10月6日(月)からスタートする。この事業は、紙から電子データ化することにより、証明書発行の時間短縮や見やすさ、市民サービスの向上へ繋げ、戸籍事務の効率化を図るもの。紙から電子データ化することにより、戸籍の劣化や迷失を防ぎ、記載の管理や証明書の発行など、全ての事務がコンピューターでの処理が可能となる。

 2012(平成24)年12月からほぼ2年間に渡る作業(3億8,000万円)となり、8月30日・31日両日にかけてテストし、順調に稼働することを確認した。

 現在、戸籍で使用している文字の中には、コンピューターに取り込むことができない文字があり、これらの文字は国の通達に基づき、常用漢字や人名用漢字などに対応する文字へ置き換える作業(正字化)が必要となる。対象となる2,800件には、9月5日に通知している。電子データ化で扱うために、法務大臣の指定を9月17日に受けた。

 戸籍データは、市役所設置のサーバーに保管。国にもバックアップデータを保管し、災害時等のデータ迷失しないようにした。

 戸籍に記載されている全員の情報である「戸籍謄本」が「全部事項証明」となり、戸籍に記載されている一部の人の情報である「戸籍抄本」は、「個人事項証明」と名称が変わる。これまでのB4判やB5判の縦書き用紙から、項目別に横書きのA4用紙となる。

0926mayer.jpg 質疑応答では、

 Q:9月29日から始まるNHK連続テレビ小説「マッサン」に、市長の期待は?

 A:隣町の余市であり、北後志がひとつとなり取り組みたい。全国的に大きなPRとなり、小樽市でできることをサポートしたい。放映を大いに期待している。余市を舞台した放映を楽しみにしている。

 Q:小樽消費者協会のアンケートで8割以上が不安を示す回答となったカジノ誘致について

 A:カジノ=賭博だけを取り上げることが多い。IRということで誘致したい。プラスの部分を取り上げない偏見的なアンケートの取り方やマスコミ報道には話したくない。客観的に取り上げてもらいたい。IR法ができてから、市としての考え方を話したいと常に言っている。カジノ=賭博だけを取り上げ、ショピングモールやホテルなどプラスの面を取り上げていない。カジノを賭博と考えるならば反対と答えるが、140カ国くらいIRを取り上げているが、プラスの部分が大きいことを理解してもらいたい。

 *IR = Integrated Resort(カジノを含む統合型リゾート)

 小樽市戸籍事務の電算化について

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈