7人の個性が光る! 「小樽フォト虹彩写真展」 (2014/08/21)

 10回目を迎えた「2014小樽フォト虹彩写真展」が、8月20日(水)〜24日(日)、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1・2で開かれている。

 個性豊な60歳前後の男女7人が、それぞれにテーマを決め、その持ち味を活かした個展が集まった写真展を展開している。作品数は、昨年の71点を超える84点を展示している。

photosaikou1.jpg 全日本写真連盟が前身となり、2005(平成17)年に井上雅博会長が立ち上げ、毎年作品展を開催し、楽しみにしているファンも多い。

 作品展前日に会員が集まり、2時間かけて会場づくりを行った。昨年同様、会場の照明を落とし気味にして、作品の中心を床上1m45cmの位置に合わせ、作品を見やすくするなど展示に気を配っている。

 同会の活動は、2ヶ月に1度の例会を開き、作品を持ち寄りアドバイスし合いながら、今後の作品づくりに活かしている。また、年2〜3回ほど撮影会として、積丹方面や古平の火渡りなどへ出かけている。今年は、秋にレクリエーションを兼ねた撮影会を予定している。

 カラー写真が多い中、佐藤通晃さんは、1985(昭和60)年9月23日に、北海道で初めて障がい者列車「ひまわり号」が札幌駅から出発し、余市駅まで走行した時のものや、余市町でぶどう狩りや海へ行き、参加者の様子をモノクロ写真で捉えた36枚を4つ切りサイズに、自分で現像し、4枚ずつパネルにして展示した。

photosaikou2.jpg 参加者は笑顔があふれ、撮影者の佐藤さんも何の遠慮もなく、見たままの様子を正面から撮影し続け、何十年ぶりに海へ来た人や、波の音に耳を澄ます少女、美味しそうにぶどうを頬張る人の笑顔など、来場者の心に残る写真が並んでいる。

 佐藤さんは、「今までと違った写真を選び、違う活動が見えてくると思う。写真の中の人物は、皆いい顔をしている。楽しさを感じてもらいたい。当会は、自由で個性が伸びる会。肩がこらない写真展と評判をもらっている。この機会に是非、見てもらいたい」と話した。

 井上会長は、"WALL(壁)"をテーマに、壁の断片を切り取って撮影し、パネル張りにして1つのアート作品に仕上げている。井上さんならではのセンスが光る。

 髙橋孝二さんは、妻が育てた花をテーマに出展。黒い紙をバックにライトをあて、スタジオ撮影の雰囲気を出している。人を見る眼差して、花をじっくり撮影した作品。

 右近純子さんは、窓越しの風景を集めた「私の好きな窓から...」をテーマに、独自の世界感でphotosaikou3.jpg撮影を楽しんでいる。右近さんは、窓が好きで、いろいろな物が見えてくるという。ニッカウイスキー工場やホテルの窓から見えたものや、窓ガラスに後ろの風景が反射し、自分だけが見える世界を撮影しているものなどが並ぶ。

 「窓に映る景色を、ひと捻りふた捻りした写真を発表し、どうやって写したのと聞かれるのが好きで、窓から見えるものだけじゃなく、映り込んだものを交えて撮影し、その発見が楽しい。同じ場所でも、季節や光の加減で違う景色が見えてくる」と話した。

 入会3年目の木村世記子さんは、うっとり眺めていいな~と思う所"眺望"をテーマに、積丹やニセコ、小樽の気に入った眺めを写して出展。霧の塩谷海岸やオタモイの夕日、自宅から見える景色などを集めた。木村さんは、「3年間楽しくて沢山写した。自分の好きな写真へのベテランの意見の違いやアドバイスを聞き、次回の撮影に活かしている」と話した。

 2014小樽フォト虹彩写真展 8月20日(水)〜24日(日)10:00〜17:00(最終日16:30)
 市立小樽美術館(色内1-9-5)1階市民ギャラリー1・2

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈