「小樽写真散歩」 by akemi iwata《大輪の蓮の花》 (2014/08/14)

 余市町豊岡(旧余市豊岡小学校跡前)にある、知る人ぞ知る蓮池で、今年も大輪の蓮の花が咲き、訪れた人々の目を楽しませている。

hasuike-hounen1.jpg hasuike-hounen2.jpg hasuike-hana1.jpg hasuike-tonbo.jpg

 今年から「サンケン農園 放念の沼」と看板が設置された蓮の群生地は、毎年、8月中旬頃に見頃を迎えている。

 14日(木)は、花を咲かせた蓮はまばらで、蕾の蓮もまだまだ沢山あり、これからも楽しめる。池には葉や雑草が生い茂り、昨年より花の数は幾分少なくなっている。

hasuike-tsubomi1.jpg hasuike-tsubomi2.jpg hasuike-tsubomi3.jpg hasuike-tsubomi4.jpg

 蓮の葉や花の間をオニヤンマがゆうゆうと飛び交い、池周辺には、蒲の穂などの草が生い茂り、のどかな風景が広がっている。

hasuike-hana2.jpg hasuike-hana3.jpg hasuike-hana4.jpg hasuike-hana5.jpg

 花の中心部に、花が散った跡にできる花托(かたく)が特徴的で、蜂の巣のようなユニークな形を作り、見れば見るほど不思議な形に見える。訪れた人々は、カメラに収めたり、花とともに花托も注目を集めている。

hasuike-kataku1.jpg hasuike-kataku2.jpg hasuike-kataku3.jpg hasuike-kataku4.jpg

 また、夏の季語となる蓮は、泥水の中から大輪の美しい花を咲かせ、仏の慈悲の象徴とされ、仏像の台座にもその形がよく使われている。

 今後、しばらくは蓮の花を楽しむことができ、やがて季節は収穫の秋へと変わる。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

1日限りの小樽しゃこ祭!大ぶり秋しゃこ堪能

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈