社会を明るくする運動 街頭バレード! (2014/07/05)

 罪を犯した人や非行少年の更生を支え合い、明るい地域づくりを推進する「第64回社会を明るくする運動」の街頭パレードとセレモニーが、7月5日(土)14:00から、サンモール一番街(稲穂)で行なわれた。

 小樽市推進委員会構成機関の小樽地区保護司会、小樽市教育委員会、小樽人権擁護委員協議会など27団体と小樽海洋少年団、市立菁園中学校吹奏楽部員など約300人が参加した。

syakaiparade1.jpg 市内繁華街を行き交う市民の身近で、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生に理解を深め、力を合わせ、犯罪や非行のない「社会を明るくする運動」を、広く普及啓発することを目的としている。

 同運動は、昭和26年7月に、犯罪の防止と犯罪を犯した人達の立ち直りには、一般市民の理解と協力が不可欠であると、法務省が啓発運動を継続して発展させ、国民運動として広げることとし、毎年7月を強化月間としている。

 セレモニーでは、法務大臣や北海道知事からのメッセージ手交式が行われた後、小樽地区保護司会の荒田一正会長が、「犯罪や非行のない明るい地域社会を作るために尽力し、改めて感謝する。犯罪や非行・過ちを心から反省した人を、社会の中に優しく受け入れることは、もっとも大切なことである。優しく、大らかな気持ちのもとで、運動に参加してもらいたい」と挨拶した。
syakaiparade2.jpg
 パレードに先立ち、市立菁園中学校吹奏楽部42名による「ロッキーのテーマ」と「アナと雪の女王」の2曲が演奏され、会場では、大勢の通行人が取り囲み、演奏を聴いていた。

 パレードは14:30から、先頭の小樽海洋少年団団員が横断幕とプラカードを掲げ、続いて市立菁園中学校吹奏楽部の先導により、同会場から梁川通り都会館まで練り歩いた。

 後続の関係者は、通行人などに啓発物を配布し、"社明運動"の普及啓発活動に努めていた。

 法務省〜社会を明るくする運動

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈