551名が緑丘に別れ!小樽商大学位記授与式 (2014/03/18)

 小樽商科大学(緑3・山本眞樹夫学長)の平成25年度学位記授与式が、3月18日(火)12:30から、本校第一体育館で行われた。卒業・修了者551名が、慣れ親しんだ緑丘の学舎に別れを告げた。

syoudaigraduation1.jpg 昼間コース458名・夜間主コース47名・大学院修了者46名の計551名が、社会人への一歩を踏み出した。 卒業生は、袴やスーツの晴れ姿で各学科ごとに着席し、父母や来賓、学校関係者が見守る中、各学科の代表者が壇上に上り、山本学長から学位記を受け取った。

 山本学長は告辞で、卒業生が過ごした学園生活中にあった東日本大震災や校内で起きた飲酒事故、100周年記念事業を振り返った。初代渡辺龍聖以来100年以上もの間、"実学・語学及び品格"の育成の真の意味を語り、「当面は、新たな職場や環境に慣れ、仕事等に習熟することに精一杯となる。時には、仕事の手続きや表面だけではなく、本質を考え、意思決定や行動がどのような結果をもたらすかをイメージできる『美学』を実践するよう心がけ、語学英語力を錆びつかせないように努力すれば、必ず大きく報われる」と話した。

syoudaigraduation2.jpg また、3月末限りで任期満了による退任に触れ、「18歳で入学し、途中7年間をのぞき、学生・教員・学長として、今日まで地獄坂を登り続けてきた」と振り返った。「"実学、語学、品格"のモットーを胸に、洋々たる未来を切り開き、活躍に期待している」とエールを贈った。

 その後、学生表彰が行われ、学業の成果が優れている者や課外活動の成果が顕著で振興に功績が認められた団体、本学の名誉を高めたと認めれる者へ賞状と記念品が贈られた。

 毎年恒例となるグリークラブ(男声合唱)とカンタール(女声合唱)の10名が、清らかな歌声を響かせ校歌を斉唱し、閉式となった。

 同会場で引き続き、札幌シンフォニエッタによるミニコンサートが開かれ、管弦楽の生演奏を楽しんだ。

 「緑丘の想い出」のスライドショーも上映され、学内の様子や行事、部活動の画像が流れ、大学生活を振り返った。

 商学部企業法学科・岸本直樹さん(23)は、「卒業の実感がなかった。毎日地獄坂の登りがきつかった。ワンダーフォーゲル部に4年間所属し、他の大学と一緒に活動したり、登山やラフティングなど楽しかった。道内の金融機関に就職が決まり、社会に出たら身を引き締めて目標に向かい、何らかの形で地域貢献したい」と話した。

 同校の今年度の就職状況(3月11日現在)は、昼間・夜間主コース505人の卒業生のうち就職希望者は451人で、内定者数436人・96.7%の内定率。各コース別では、昼間コース97.3%、夜間主コース90.2%の内定率となった。非就職者数40人。進学者数7人、不詳者数7人。商学部卒業者(夜間主コース)の66歳が最高齢だった。

 小樽商科大学HP

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈