道路に大きな水たまり!春の陽気で雪解け (2014/02/26)

0226weather.jpg 2月26日(水)、小樽市内では、日本海側にある高気圧の影響で、昨日に引き続き、晴れ間が広がり、日差しが眩しく、気温も上昇し雪解けが進んだ。

 今朝7:00には氷点下1℃を示し、気温は上昇、9:00にはプラスの2.3℃となり、最高気温2.9℃(15:30)、夕方18:00になってもプラス1.2℃で、3月上旬から下旬の暖かさとなり、市民もひとときの春を感じた。

 軒先の氷柱からは水が滴り、道路には大きな水たまりがいくつもでき、歩行者は足元を気にしながら歩いていた。小樽市役所正面玄関に通じる道路では、所々に水たまりができ、勢いよく車が走行し、歩行者に泥を跳ねていた。

 一方、雪解けが進んだ幹線道路とうって変わり、小路では、まだまだ雪が1m近く積り、両脇の建物の屋根には、塊となった雪庇がいまにも落ちそうで、屋根からの落雪に注意を呼びかける立札が見られた。

 小樽では、120cmあった積雪が118cmと2cm減っただけで、まだ1m以上の雪が積もっている。明日27日(木)も晴れ間が続き、最高気温7℃の予報となっている。

 なお、札幌管区気象台では、16:06に濃霧注意報を発表した。注意期間は、27日未明から27日朝まで、陸上の視程は200m以下と予想される。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


似鳥美術館にステンドグラスギャラリー新設

雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈