市民の関心薄く低調!「自治基本条例」説明会 (2014/02/17)

0217jichikihonjourei.jpg 平成26年4月1日に施行される「小樽市自治基本条例」の説明会が、2月17日(月)18:00からいなきたコミュニティセンター(稲穂5)で開かれた。

 悪天候ということもあり、30名ほどの参加で、市総務部企画政策室職員が司会進行や説明を行った。

 同条例は、市民と協働により進めるまちづくりの基本的なルールを定めたもの。説明会の内容は、概要と必要性を示し、これからのまちづくりについての意見交換や質問・要望などを参加者から聞いた。

 同条例の目的、定義、基本原則、コミュニティ、住民投票、魅力あるまちづくり、安全で安心なまちづくりを7つのポイントに分け、市民に関係する具体的内容を説明した。

 説明に時間を取りすぎてしまい、せっかくの意見交換の時間が短くなったと指摘があったが、その少ない時間の中で、参加者からは市に要望があった。

 参加した市民のひとりは、「説明会の案内があり、参加して説明を聞いた。お互いに良い方向を考えてから、改めて意見を聞く機会を設けてもらいたい」、「町内会へ戻り、これから制定されることにより、小樽がこうなる・市民がこうなると説明できることは何も無かった。次回は、みんなに分かるように説明してもらいたい」との厳しい意見が続いた。

 市では今後、広報おたるでも詳しく掲載し、4月以降にも説明会を開き、意見を聞く機会を設ける予定。

 同説明会は、2月19日(水)に銭函市民センター(銭函2)と、2月21日(金)に塩谷サービスセンター(塩谷1)でも開かれ、どちらも18:00〜19:30を予定している。

 問合せ 0134-32-4111 内線271 総務部企画政策室

 小樽市自治基本条例制定について

jichikihonhourei.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈