コンピュータの活用 冬季教員研修講座 (2014/01/15)

pcstudy1.jpg 小樽市教育委員会が開講している「平成25年度冬季教員研修講座」の最後となる「コンピュータを活用した授業実践研修講座」が、冬休み期間の1月15日(水)9:30から12:00まで、小樽市立花園小学校3階コンピュータ室で開かれ、市内小学校の教員20名が参加した。

 この講座は、「小学校向けの学習支援ソフト『ジャストスマイル4』の操作を習得し、コンピュータを活用した授業の実践について研修を深めることにより、日常の教育活動の充実を図ること」を目的としている。

 今回の講師は、株式会社ジャストシステムライセンス事業部札幌営業所・青野佑一所長が務めた。

 小学生向けの学習支援ソフト「ジャストスマイル」シリーズは、全国の小学校17,000(約8割)で使用され、北海道の小学校でも約7割、市内の小学校でも使われている。子ども達が、パソコンの基礎を学べるアプリケーションを搭載し、教員の文章の作成にも大変便利。

pcstudy2.jpg 参加者1人ずつパソコンの前に座り、講師の説明を受けながら、起動方法を実践した。一般的なワープロソフトと同じではあるが、ひらがなで入力すると、各学年で学習した漢字に変換することができる機能も付いている。説明を聞きながら、遠足のお知らせを制作し、タイトル文字を装飾したり、保存方法を学んだ。

 また、地図を簡単に作ることができるアプリケーションを使用し、地図の背景の色や道路・線路・駅や橋なども簡単に描け、透ける機能もあり、実際の地図の上からなぞって資料を作る方法の説明もあった。

 引き続き、画像の修正や編集するレイヤーの機能の説明を聞き、実際に試した。賞状や日記などのサンプルもありと説明を受けていた。

 参加した教員は「使い慣れているソフトではあるが、新しい機能の紹介があり、大変為になった」と話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈