跳び箱6段に挑戦! こども体操教室 (2014/01/06)

childsports1.jpg 小樽市教育委員会が主催する、初心者の幼児と小学1・2年生を対象に「こども体操教室」が、1月6日(月)・7日(火)・9日(木)・10日(金)の4日間の日程で、小樽市総合体育館(花園5)第4体育室で始まった。毎年、冬休みのこの時期に開講している。

 あらかじめ参加者を募り、9:30〜10:30に就学前の幼児10名と、10:40〜11:40に小学校1・2年生12名が参加。同体育館指定管理者の株式会社アンビックスのインストラクター2名が指導にあたった。

 運動の基礎となる柔軟体操や、跳び箱、鉄棒、マット運動等の器械体操を、4日間に分けたプログラムが組まれた。

childsports2.jpg 初日の6日(月)は、9:30に第4体育室で幼児クラスが始まり、元気な10名の男女が参加した。最初の柔軟体操では、参加した女子のほとんどが体が柔らかく得意としていた。その後、体育館内を走り、後ろ向きに走行したり、男女対抗リレーを行い、参加者は元気に走り、心地良い汗をかいていた。

 次に、跳び箱が用意され、跳び箱を跳ぶ時の注意点を、インストラクターが説明。3段から始め、4段へと挑戦、回数を重ねるごとに跳べるようになり、笑顔がこぼれていた。

 小学1・2年生のクラスは12名が参加し、跳び箱では、6段に挑戦していた。幸小学校1年生の小野翔大君は「5段の跳び箱が跳べた。6段も跳べるようになりたい」と意欲を見せていた。

 同インストラクターの川口廣幸さんは、「体力向上を目指し、運動の楽しさを体験してもらいたい。できるかどうか挑戦してみるチャレンジ精神を持ってもらいたい。運動が苦手だったり、体が硬い、速く走れるようにと参加されているが、今回の参加者は、レベルが高い。みんなで楽しめるようプログラムを組んでいる」と話した。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈