「琴似製麺株式会社の工場移転について」市長が概要を説明 (2013/10/28)

 中松義治小樽市長は、10月28日(月)11:00から、小樽市役所(花園2)本館2階市長応接室で、定例記者会見を開いた。

 今回は「琴似製麺株式会社の工場移転について」を、市長が概要を説明した。

 「琴似製麺株式会社(製麺業)が、現在の札幌市西区発寒から小樽市銭函3丁目の工業専用地域に工場移転のため、用地(面積6,602㎡)を取得し、本年度中に新工場に着手し、平成26年10月を目途に操業を開始したいとしている。

1028mayer.jpg 新しい工場では生産ラインの増強を計画、新たにパート従業員100名の求人を行う予定。同社は、資本金5,300万円、2012年度の売上げは20億円、従業員数は約150名で、堅実な経営で知られる中堅の製麺業者。

 工場の老朽化が進み、合わせて手狭になってきたことから、昨年12月頃から本格的に移転先の選定を開始した。小樽市の他、札幌市、石狩市、江別市、北広島市などが移転候補。小樽としては、移転情報を入手し、同社の移転条件を聞き、市内銭函の物件情報を提供。企業誘致において、市と協力関係にある不動産仲介業者を紹介し、10ヶ月間を越えて、同社と誘致交渉を続けてきた。

 今年3月頃、銭函3丁目が有力な移転候補先となり、面積や交通アクセス、地価などの条件面を考慮し、区域内の2・3の物件に絞った。8月末には、銭函3の物件の獲得を決定した。

 企業誘致担当者が、所有者に売買交渉を働きかけ、円滑に進むよう支援した結果、9月20日に、土地売買の仮契約が成立。10月25日に本契約を締結した。同社は、主にコンビニエンスストアの麺を製造し、小樽市内の既存事業者とは、販売先、業態が異なることから、競合はほとんどないと思われる。

 今後、雇用創出効果や市税収入の増加など本市経済の波及効果を期待している。なお、同社の社長は、今年6月に小樽出身の喜多隆次氏が就任している」とした。

 琴似製麺株式会社

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈