リズムに合わせ!イキイキ健康体操 (2013/07/20)

danceundo0720.jpg 7月7日(日)に開会した「第48回小樽市民体育大会」の一環として、第2回小樽市民「みんなでイキイキ健康体操」大会が、7月20日(土)10:00から11:30まで、いなきたコミュニティーセンター(稲穂5)4階体育室で開催。

 ダンスうんどう塾の中村ひとみ氏の分かりやすい指導のもと、5〜80歳代の23人が参加し、心地良い汗を流した。

 子どもから高齢者まで、すべての市民が、健康ではつらつとした毎日を過ごせるよう、「イキイキ健康体操」の普及をはかり、三世代交流と長寿社会への貢献を目的としている。

 はじめに、講師の中村氏は、「昨年に続き2回目となり、初心者を対象に、イキイキ健康体操を知ってもらい、経験のある方にはより深く知ってもらいたい。音楽に合わせ楽しみながら、体を動かし楽しく参加してもらいたい」と挨拶。

 体育館の中央に、手を広げられるくらいの間隔を開けて輪になり、大会を主管するダンスうんどう塾(小林英夫塾長)が、幅広い世代が参加できるように考案したダンスを、同塾のオリジナル曲に合わせて行ない、次に、メレンゲ(ドミニカ共和国で生まれたダンス音楽)のリズムにあわせ体を動かし、基本の動作を繰り返した。

 2007年に始まった小樽市自立事業生涯学習講座「ダンスうんどう」のOBも参加し、初心者をリードしながら、健康体操を楽しんでいた。

 参加したOBは、「体と頭の体操になった。基本の動作を覚えると楽しくなる。体を動かすと気持ちが良い」と満足した様子だった。

 10月27日(日)に市内でダンススポーツ競技大会が開催され、ダンスうんどう塾でも団体戦出場に向けて練習が開始された。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈