米艦船小樽寄港受け入れ表明 小樽市 (2013/01/25)

 小樽市(中松義治市長)は、1月25日(金)、米国海軍艦船「LASSEN(DDG82)」の小樽港寄港について、受入判断の3項目について検討した結果、「今日現在で接岸できる岸壁の手配が可能であること。また、外務省から、核兵器を搭載していないとの回答を得たことから、港町ふ頭3番バースを手配する旨、小樽港長に回答した」と、小樽港寄港受け入れを表明した。

 米艦船「ラッセン」は、アメリカ海軍第7艦隊所属のミサイル駆逐艦。弾道ミサイルを追尾できる高性能レーダーを備え、弾道ミサイル防衛システム機能の一部を担う能力を持つ。長さ154.0m、喫水10.0m、幅20.0m、排水トン数9,100トン、マスト高49.0m。1日最大上陸人員225人。

 同艦船の入港期間は、2月4日(月)9:00から8日(金)9:00までの5日間の予定。

 関連記事1 関連記事2

lassenkikou.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈