小樽運河のはす葉氷 夜景で散策 (2013/01/16)

 今年に入ってマイナス気温の真冬日が続き、小樽でも1月8日より、冬の風物詩「運河のはす葉氷」が見られ、市民や観光客を楽しませている。

 1月16日(水)19:00過ぎの運河は、月齢4.6の月が南西の空に見える晴れた穏やかな夜。気温は−6℃の真冬日。運河の氷は、浅草橋付近では、わずかには解けているが、中央橋付近までは、氷が張った状態となっている。形の良いはす葉氷とは言えないが、真冬の運河散策には良い夜景日和となっていた。

 氷が解けてしまったわずかな水面には、3羽のカルガモが元気に潜ったりしている様子が見られた。この時期の夜の運河は、観光客はまばらで、数組の家族が楽しそうに運河をバックに記念撮影していたが、昼間の賑やかさはない。

 2月8日から始まる「小樽雪あかりの路」へ向けて、これから慌ただしく準備が始まるが、この時期のひっそりとした運河を散策してみるのも一興だ。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈