能楽体験教室 "高砂で寿ぐ初春"開催説明会 (2012/12/02)

takasagoproject1.jpg 旧岡崎家能舞台を生かす会(三ツ江匡弘会長)では、「高砂で寿ぐ初春」の開催についての内容説明会を、12月2日(日)13:00、小樽市公会堂(花園5)1階和室で開き、「高砂」の謡と囃子の体験教室を行なった。

 同会は、「小樽能楽文化復興継承プロジェクト」の一環として、「高砂で寿ぐ初春」を開催し、年始を伝統歌曲で、一緒に謡い寿ごうと、能楽体験教室を実施する。一昨年から始め、今年で3回目となる。

 三ツ江会長は「1年目は謡を中心に開き、今年で3回目となった。ステップアップし、今回は、謡教室の初心者コースに加え、本格コースを設置した。無理のないように楽しんでいただきたい」と話し、謡教室と囃子教室の内容を説明した。参加者は、リピーターが多く、能楽に興味を持つ10名が集まり、初心者の顔もあった。

takasagoproject2.jpg その後、体験会が開かれ、三ツ江氏と横田郁子氏、菅田昌義氏が囃子と謡の実演を行った。菅田氏による稽古曲「千秋楽」の説明があった。「千秋楽」とは、高砂の最後の部分で、しめに謡う曲。能には指揮者がいないので、地頭(統率者・責任者)の声を聞き、雰囲気を読みながら謡う。元気の良い曲なので、正月などめでたい時に謡う。声を張り、声をぶつけ跳ね返すように謡うことや、下半身から声を出すようにとアドバイスがあった。

 三ツ江氏の手本に続き、謡を体験。独特のリズムや声の出し方に苦戦しながらの体験となった。

 初めて参加した女性は「能楽堂の公演は何度も見ている。どんな内容なのか来てみた。体験してみて少し分ってきたように思う」と話していた。

 問合せ:旧岡崎家能舞台を生かす会事務局
 TEL0134-22-8713、FAX0134-33-8713、E−mail
 月〜土曜日10:00〜16:00(12:00〜13:00昼休、日・祝・盆休)

 旧岡崎家能舞台を生かす会事務局

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈