"珠玉のデュオで奏でる至福の一夜" 11/28のコンサート (2012/11/01)

seiryouduo.jpg "珠玉のデュオで奏でる至福の一夜"と題して、小樽市立西陵中学校(富岡2)PTAが主催する、ヴァイオリンとピアノのコンサートが、11月28日(水)19:00から、小樽市民センター(色内2)マリンホールで開かれる。

 一昨年に続き2回目で、前回大変評判が良く、再演を望む声が多かったため、再度公演が決まった。同校教諭の岩﨑正氏がピアノを、佐藤まどか氏がヴァイオリンを演奏する。

 2人の出会いは、佐藤氏が中学生の頃で、ソルフェージュ(西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練 )を勉強中、岩﨑氏にピアノを弾いてもらったのが礎となり、深く印象に残っていた。この縁がもとで、2年前に、同校PTAの活動に賛同した岩﨑氏が、音楽でできるをしようと考え、佐藤氏に連絡を取り演奏会が実現したという。

 佐藤氏は、旭川出身で、東京藝術大学院博士後期課程を修了し、イギリス、オーストリア、フィンランドで研鑽を積み、2005年に、シベリウスの研究で博士号を取得。現在、上野学園大学講師、日本シベリウス協会理事。ソリストとしての活動を中心に、国内外において、室内楽や現代音楽など多彩な演奏活動を行う。「2年前に小樽で岩﨑氏と共演し、同氏の人柄で、どんな演奏会になるか期待していた。会場と一体となり、楽しむことができた。学校での同氏とは違う印象で、ファンになる方も多いと思う。視野が広がり、音楽への接点があまりない子ども達へのきっかけを作り出せたらと思う。」

 岩﨑氏は、10歳からピアノを始め、ベルギーのアウレス・デ・ブリース音楽財団から特別スカラーシップを得て渡欧。ピアノをベラシキ氏(スイス)に師事。1980年に巨匠ルドルフ・フィルクスニー氏の薫陶を受けた。帰国後教職に就き、現在、西陵中学校教諭の傍ら、ソロコンサート活動を展開中。「クラシックを聞く機会がない子ども達には、貴重な経験となり思い出になる。佐藤氏は底辺を支える活動をしながら、世界レベルの演奏家として、人間として素晴らしい方だと思う。前回の反響が素晴らしく、前回聴けなかった方々にも是非聴いてもらいたい」と話している。

 西陵中学校生徒202名への芸術鑑賞の時間として、当日14:00から同会場で、楽器についてなどトークを交えながえら、演奏会が開かれる。

 公演時間は、19:00から21:00までを予定し、アンコールに応え、延長の可能性もある。プログラムは、モーツアルト ヴァイオリン・ソナタ KV301、フランク ヴァイオリン・ソナタ他。耳に馴染みのある曲、傑作と言われる曲など約9曲を予定している。

 入場料は1,000円。連絡先は0134-23-4204西陵中・髙野、0134-25-0029ヤマハミュージック。

seiryouduo.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈