ストックウォーキングで健康増進  (2012/03/27)

 「おたるストックウォーキングの会」(鴈原康夫代表)は、3月27日(火)、小樽市総合体育館周辺のコースでのウォーキングを楽しんだ。

 平成17年に発足し今年で8年目を迎える同会は、現在会員124人、平均年齢72歳。天候に関わらず、毎週、火曜日と木曜日の10:00に、小樽市総合体育館前に集合し散策を楽しんでいる。

 3月27日(火)は好天に恵まれ、白い雪に反射した太陽の光が眩しく、暖かい春を思わせるウォーキング日和。専用のウォーキングポールを持参し、歩きやすいスタイルで35名が集合した。最初にストレッチを10分間ほど行いウォーミングアップし、早歩きコースとゆっくり歩きたいコースに分れ、一列に並んで、体育館周辺4kmを40〜50分かけてウォーキングを楽しんだ。

 小樽商科大学・中川喜直教授のカリキュラムに学びんだウォーキング技術の資格を持つインストラクター7名と、保健所主催の歩くランニングを学んだウォーキングサポーターが指導にあったている。

 ストックウォーキングの良さは、両手足を使い、4本の足で歩くイメージで行い、転倒防止と推進力を手で担うため足の疲れが少なく、距離を伸ばし歩くスピードを上げることができる。消費エネルギーは、普通に歩くより2割増。歩くことの良さに更にプラスされるものが多くなり、体の活動に有益なスポーツとなっている。

 鴈原代表は「会員を増やすことよりも、現在の会員の健康を維持し、健康寿命を伸ばすことを目的としている。みんな仲良く友だちとなり、良い雰囲気を保つよう心がけている」と話す。

 同会では、年10回ほど、保健所のシステムに則り、「食事のあり方」「ガンの予防について」などの勉強会や、道路の清掃、桜見学バス旅行など活発に活動している。木曜日は、長橋なえぼ公園も会場としている。

 ストックウォーキング歴8年の中川さんは、「心身共にリフレッシュしている。来れる時だけに来て、休む気兼ねもなくとても助かる」と話し、軽やかにウォーキングしていた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈