教育委員会の「いじめ防止標語」 入選5作品を表彰 (2011/12/19)

 小樽市教育委員会が、11月のいじめの防止キャンペーン期間に公募した「いじめ防止標語」に、市内小中学生484点の応募作品の中から、5作品を入選として選定していた。

 教育委員会では、入選とした5作品の生徒の学校に、高木正一教育委員長が直接出向き、表彰式を行った。12月19日(月)には、手宮西小学校、潮見台小学校、松ヶ枝中学校の3校の生徒を表彰。12月21日(水)は、朝里小学校、朝里中学校で表彰式を行う。

ijimeboushi.jpg 19日、手宮西小学校では、6年生の西将旦君の「これくらい そんな気持ちに 赤信号」の入選作品に、同校校長室で表彰式が行われ、高木教育委員長より、西君に賞状と記念品が手渡された。

 西君は「入選したと聞いてすごく驚いた。お父さんが、標語に詳しく、普段から親しみがあった」と話し、高木委員長は、「普段から築いた下地があったので良かったですね。自信を持っていろいろな事に挑戦してください」と励ました。

 西君は「家族で五七五を決め、ひとつひとつ出し合って組み合わせて標語を作ったりして、普段から親しんでいた。今回の標語は、いじめはダメだということをテーマに、それを分りやすく伝えるために、赤信号という言葉を使ってみた。自分でやらなければならない事は、しっかりやるようにしている」と話す。

 澤本昌宏校長は「西君は、前期の児童会の役員を一生懸命に頑張っていたので、今回入選できて良かった。お父さんが良い影響を与えてくれている」と話した。

 他の受賞者と作品は、

 潮見台小学校2年生 小倉將生「ありがとう 言われてちょっと いい気分」

 松ヶ枝中学校1年生 高津綾乃「小さな勇気 友達救える  大きな力」

 朝里小学校6年生  中村涼花「育てよう 人のいたみを 知るこころ」

 朝里中学校3年生  小林真綾「やめようよ みんなで見ぬふり 聞かぬふり」

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ジャナグル日本縦断ツアー!ロース幼稚園

小樽龍宮神社例大祭!

レバンガ・折茂選手 さくら幼稚園へ用具寄贈

青空に3,040人のランナー! 運河マラソン

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈