雪に埋もれたプラタナス 落ち葉清掃活動 (2011/11/23)

cleanpoplar1.jpg 日銀通りのプラタナス「落ち葉清掃活動」が、11月23日(水)10:00から行われた。主催は、日銀通り景観協議会・おたる緑のまちづくりの会。

 日銀通りのプラタナス並木を、小樽市と日銀通り景観協議会が協議し、緑のある並木を作るためにプラタナスの緑を極力残す剪定を行っており、ようやくバランスのとれた樹形になりつつある。そのため、この時期になると枯葉が舞い、歩道や地面に落ち葉が目立つこととなる。その落ち葉の清掃をしようと、平成16年より毎年続けられている。

 参加者は、主催団体と小樽おもてなしボランティアの会、小樽観光ガイド倶楽部、小樽市役所有志など30名。市立小樽美術館(色内1)前に集まり、ゴミ袋と火ばさみを持ち清掃活動を行った。北洋銀行小樽中央支店から小樽郵便局前までと、反対側の日銀金融資料館周辺も対象とした。cleanpoplar2.jpg

 2日前からの積雪で、落ち葉が埋もれてしまい、作業の妨げとなったが、参加者は一生懸命に落ち葉を拾い集めていた。

 同ボランティアの会・南紀子さんは、「初めから参加し、今年で8年目になる。雪に埋もれてしまったが、袋いっぱいになるように頑張りたい。これからも参加していきたい」と話す。

 同まちづくりの会・山口保代表は、「雪が降った後で日が悪かったが、毎年11月23日に行っている。暖冬の影響もあり、昨年の半分くらいの落ち葉を集めた。今後も11月23日に行いたい」と話した。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈