グループ'96作品展 78点の作品並ぶ (2011/11/11)

group96.jpg

 「第16回グループ'96絵画・作品展」が、11月13日(日)までの10:00から17:00、市立小樽美術館(色内1-9-5)1階にて開かれている。会員11名の作品・78点が展示されている。

 グループ'96は、現在会員12名。23歳から83歳までの世代を超えたメンバーが、形式にとらわれずに、思い思いの自由な作品作りに励んでいる。毎年5日間開催され、昨年の来場者は705名、過去の平均は677名と多くの人が鑑賞している。

 本間城作代表は「1996年に発足したので、この名前がついた。他の会には所属していない会員が集まり、発表する場としてこの作品展を開いている。会は、上下関係をなくし、公平ということをモットーに、作品展の展示場所もあみだクジで決めている。その自由で公平な形が作品展に現れていて、来場者は"楽しい"と言ってくれている」と話す。

 多才な会員が多く、絵画、木工品、粘土細工、ガラス絵の作品が並ぶ。

 大畠譲さんは「10代から油絵を書き、3年前からガラス絵を始めた。ガラスの裏面に絵を反対に書き、特殊な絵の具で色彩していく。ガラスの透明感を活かしている。一枚一枚違うものが出来上がる。透明な所と不透明な所を考え、絵の具を組み合わせている。ステンドグラスのようだ」と話す。同時に「飯仕度の詩(ママゴトのウタ)」という詩も展示している。

 寺嶋馥さんは、1枚の板から、すべて手作りで帆船模型を作り出展。造船所へ勤めていた経験を活かし、図面を見て製作している。外国船ハーフムーン3隻と、北前船を出展している。

 会の若手大佐賀智子さんは、入会して6年目。水彩画6点と粘土細工を出展。若い来場者が、足を止めて見入っていた。

 本間代表は「みなさん、年々とレベルが上がってきている。3〜4年経つと見違える。いろいろな物に挑戦したり、作品展を意識した作品作りに励んでいる」と話ていた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈