高島町会文化祭 文化に親しむ町民作品並ぶ (2011/10/29)

takashimasai.jpg
 「第10回高島町民文化祭作品展」と特別展示「高島の思い出館」が、10月28日(金)から30日(日)まで、高島会館大ホールにて開かれている。主催は高島町会。

 今年で10年目を迎える文化祭作品展は、高島町民やかつての高島町民、故人、70名による270点の作品が出展されている。作品の種類も多く、絵画(油絵・水彩画・日本画・ちぎり絵・切り絵・クレパス画・イラスト)、手芸(押し絵・木目込み・刺繍・裂き織・パッチワーク・ビーズ織り・人形・編み物・ステンシル・布絵本)、工芸(木工・工作・木彫り・鉄道模型)、陶芸、写真、書道、盆石、演芸、生け花、小学生作品、その他(高島郷土館ホームページ・手作りの本・歌集)などの作品を展示。

 作者がそれぞれに丹精込めた作品ばかりで、大変見ごたえのある文化祭である。

 老人クラブ会長の中江耕策さんは「今年10回目で、出展数が一番多い。それだけ町民が熱心になってきている。町会は、活動が活発で、七夕祭り、盆踊り、あんどんパレード、花火大会、子ども餅つき大会と、一年を通して活動している」と話す。

 バリ島での海中写真を出展している寒川純一さん(72)は、「6年前にバリ島へ行った時のもの。泳ぐのが好きで、もっと長く潜りたいと思い、豊井浜のダイビングスクールで学んだ。スキューバライセンスを取得し、8年前より海中写真を撮っている。今までに160回潜水経験がある。沖縄を中心に撮影し、スキューバのレスキューライセンスも持っている」とはつらつと話す。

 実行委員長でもあり高島町会長の大黒昭さんは、「出展者も高齢化し少なくなりかけていた。電話で連絡し作品を集めると、今までより多くの作品が集まった。佐藤新一さんは、スタッフのためにTシャツまで作り展示している。手作りならなんでも良く、ミニかぼちゃや漁師町なので船の模型もある。文化祭を知り、何か作ろうと町民が意識している。作品を通して仲間と集まって、町民の交流の場になっていることに大きな働きがある」と話していた。

 高島福祉会では、コーヒーショップでドーナツ販売やコーヒーを無料提供している。

 なお、30日(日)には、サケ鍋が振舞われる予定。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


簡単!楽しい! 小樽ドローン操縦体験会

商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈