市がパー券事件後の「推進方策」 外部委の提言受け (2011/10/25)

 中松義治小樽市長の後援会が起こした、パー券事件の政治資金規正法違反問題で、市は外部調査委員会の提言を受け、「小樽市職員の倫理向上に向けたコンプライアンス推進方策」を策定し、24日(月)の定例記者会見で発表した。

 〜職員の遵法意識を高め、市民に信頼される市役所を目指して〜の副題が付けられた推進方策は、全8ページ。

 推進方策の概要と推進方策の背景、方針、実施内容の2項からなっており、(1)これまでの制度などを見直すものと、(2)新たに取り組むものを挙げている。

 この推進方策は、市のHPにアップされており、その全文を見ることができる。

 関連記事1 関連記事2

 小樽市職員の倫理向上に向けたコンプライアンス推進方策

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


水産高校実習船帰港!マグロ水揚げ

初滑り賑わう!天狗山スキー場オープン

スキーシーズン到来!天狗山で安全祈願祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈