大雨の被害通報なし 市災害対策本部を解散 (2011/09/06)

台風13号の北海道接近で、5日から6日にかけ大雨への警報が札幌管区気象台から出され、これに応じて小樽市は、5日19:55に災害対策本部を設置していたが、人災等の大きな被害が通報されなかったことから、6日(火)16:50に同本部を解散した。

 5日から6日にかけ、小樽市内の総雨量が200ミリを超すことが予測されたことで、災害対策本部の設置となった。同本部は、降雨と同時に警戒パトロールの実施、雨量及び河川の水位等に関する情報の収集、避難所開設職員の連絡・待機、被害状況の把握などにあたった。

 6日正午現在、被害の状況が 「銭函共栄焼肉(銭函3丁目515-24)前の道路の冠水やドリームビーチの倒木、側溝の溢水などの通報が9月5日から6日にかけ50件程度あったが、人災等の大きな被害は通報されていない」との報告を出し、設置してから丁度丸一日後の16:50に同本部を解散した。

 市内は、5日深夜から6日午前中にかけ、断続的に強い雨に見舞われたが、午後になると雨も止み、夕方には、真っ赤な夕陽が街を染めた。

weather0906.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈