廃線に並ぶ数々の傑作 虫の音とともに「鉄路写真展」 (2011/09/01)

 小樽に秋が近づく季節になると、旧手宮線での野外写真展がどうなったかと、気に留める人も多い。

 今年12年目になる「2011 小樽・鉄路・写真展」が、旧手宮線(マリンホール裏手)で行われている。

 期間は、8月29日(月)〜9月11日(日)。夜間はライトアップされ、24時間展示となっている。主催は、小樽・鉄路・写真展実行委員会。

 出展者は、初心者からプロカメラマンまで、小樽・札幌を中心に道内各地から参加している。廃線の上に飾られた写真が並ぶ、ユニークな野外写真展なのが印象深い。古い小屋の壁にびっしりと貼られた写真。一枚一枚見ていると思わず時間を忘れてしまうほどだ。

 小樽のさりげない街の景色や、かわいいネコの写真などが、廃線を活かして展示されている。昼とライトアップされた夜の雰囲気の違いには驚かされる。夜は、虫の鳴き声をBGMに、ゆっくりと写真展を楽しめる。

 市内在住の藤宮さんと佐々木さんは友達同士、愛犬を連れて写真展を見に来ていた。「風景写真が多く出展されているので、写真とこの野外の景色が合っている。普通の写真展は、建物の中だが、野外で見るのも気持が良い」、「きれい。開放感がある」と話し、じっくりと写真を見ていた。

 2011 小樽・鉄路・写真展オフィシャルサイト

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

白い消防広報車寄贈!消防本部に配置

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈