手宮公園の「桜再生プロジェクト」 末広中が土壌改良作業 (2011/05/18)

sakura-saisei1.jpg 小樽市立小樽末広中学校(手宮2・沼田守校長)の生徒たちが、5月18日(水)から20日(金)までの3日間で、手宮公園の土壌改良作業を行っている。

 これは、地元商店街・能島通り商栄会と同校が取り組む手宮公園の「桜再生プロジェクト」。今年2年目。

sakurasaisei2.jpg 1年目は、桜に愛着がわくようにと、全校生徒で、園内の桜110本に、ゴン太や紅桜、EXILEなどと命名。中村哲世樹木医(有限会社庭園デザイン代表取締役)から、桜などについて学び、土壌改良を実施した。

 この1年目の土壌改良作業が功を奏し、「瀕死と思った桜にびっしり花がついたり、花芽の数が6つあるものもある。1年でこんなに成果が出るとは思わなかった。子供たちが汗を流した成果」(中村樹木医)。

 2年目の土壌改良作業は3日間で、それぞれの学年が取り組む。

 初日の18日(水)は、新一年生66人が2人1組となって挑戦。桜の木の周りの土を約30cm程度掘り起こし、土と腐葉土・ピートモス・たい肥などを混ぜ合わせ、肥料とともに入れなおした。子供たちは、慣れない作業に手間取りながらも一生懸命に取り組み、「桜よ元気になれ」と額に汗を浮かべていた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


水産高校実習船帰港!マグロ水揚げ

初滑り賑わう!天狗山スキー場オープン

スキーシーズン到来!天狗山で安全祈願祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈