訓練準備に汗 小樽海洋少年団 (2011/05/08)

 小樽海洋少年団(見延庄三郎団長)は、8日(日)09:00、色内ふ頭にある同団艇庫に集まり、船下ろし作業と周辺のゴミ拾いを行った。

 海洋少年団は、小学生から高校生までの男女が、海に親しみ、団体生活で道徳心を養い、心身ともに健康でたくましい人間の育成を目指す。

 毎年、基本動作やカッター・カヌー・ロープワークなどの海洋訓練をはじめ、宿泊研修・講義などを行う。市内の男女20人が所属する。

 生憎の曇り空となったこの日は、5月22日(日)からスタートする今年度の訓練のための準備で、団員と父母ら約30人は、救援艇「Blue Sea」とカッターボートの運搬と周辺の環境美化作業を実施した。

 小学生団員は、周辺のゴミ拾い。中学・高校生団員とお父さんたちは、船下ろし作業を行い汗を流した。老若男女が連携して速やかに作業を進め、「さあいよいよだ。何事もなく一年間訓練出来るように」と力を込めていた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈