東日本大震災 市の派遣職員救援活動報告会 (2011/04/06)

shinsai1.jpg 今回の東日本大震災で、小樽市(山田勝麿市長)は、被災地に消防、水道、下水道、保健所の職員を派遣し、救援活動を行っているが、現地での活動を終えた職員が、4月6日(水)13:00から、市長に活動内容などについて報告した。

 市が派遣した職員は、緊急消防援助隊をはじめ、水道・下水道関係職員、保健師、医師・看護師など。shinsai2.jpg派遣先は、宮城県石巻市・気仙沼市、岩手県久慈市・大船渡市など、大きな被害を受けた地区。

 活動は、3月16日(水)から始まり、現在も継続中だが、被災地の救援活動に従事した職員たちの、生々しい体験報告に、市長も驚きを隠せない様子で、耳を傾けていた。詳細は、各報告書をお読みください。

 

fire1.jpg
fire2.jpg
water1.jpg
water2.jpg
hoken.jpg
haken.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈