灯台と夕陽のドッキング 巡視船「ほろべつ」から撮影 (2011/04/01)

 小樽海上保安部巡視船「ほろべつ」(相馬文良船長)が、3月31日(木)、岩内港沖合いで、防波堤灯台の真上に位置する夕陽を撮影した。

 撮影者は、山本健・主任機関士。「夕陽が綺麗だったので、写真を撮ろうと思ってカメラを構えていたところ、偶然にも夕陽が灯台の真上に位置したので、めったにないチャンスだ」とシャッターを切った。灯台に夕陽がドッキングしたというイメージで撮影したとしている。

 撮影時の気象は、晴れ、西の風3m、気温10度、視程約15km。

 灯台と夕陽がドッキングという、珍しいナイスショットをお楽しみください。

toudaitoyuhi.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈