"幻の手宮滝"が出現 小樽に春の訪れ (2011/04/01)

 小樽の街の雪が3月下旬から一気に解け、"幻の手宮滝(御前水の滝)"が、手宮洞窟脇の崖に出現。水音が周辺に響き、市民たちに春の訪れを感じさせている。

 手宮滝は、1882(明治15)年に明治天皇の御行幸の時のために確保された御前水井から溢れ出る水によって出来る滝。通称「御前水の滝」と呼ばれている。普段は、小さな水の流れで、流れているかどうかも確認しづらいが、この雪解け時期には、流れ落ちる水の量が増え滝となる。

 今年も市内手宮から祝津に抜ける道道小樽海岸公園線の手宮洞窟保存館(手宮1)脇に出現。2本の流れに分かれて下流で合体し、水音を周辺に響かせている。周囲には青々とした新芽が芽生え、雪国小樽にもようやく春の訪れを告げている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈