中央バスの入社式 「初心を忘るべからず」 (2011/04/01)

chuobus-nyusyasiki1.jpg 道内有数のバス事業会社「北海道中央バス株式会社」(色内1・平尾一彌代表取締役社長)は、4月1日(金)11:00から2011(平成23)年度入社式を同社4階講堂で行った。

 同社は、小樽市内に本社を置き、創業69年。資本金21億円、従業員数1,788名、車両数1,190両。営業収益213億4,378万円。

 今年度の新入社員は、乗務員1名、整備員7名、事務員6名の計14名。平尾社長は、「初心を忘るべからずの言葉を胸に中央バスの社員として仕事をしてもらいたい。地震や津波、原発の問題、原油価格高騰など、難しい年度のスタートだが、若い力、新しい力になってもらいたい」と歓迎した。

 新入社員の織田壮多さん(23)は、「信頼なくしてバス事業に発展はない。地域発展のため、サービスのために一生懸命に取り組んでいく」と誓った。

 また、同日、小樽経済センター(稲穂2)で小樽商工会議所「新入社員合同入社式」が行われ、樽っ子たちが社会人としての新しい門出を迎えた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈