福島第1原発3号機 "やや灰色ががった煙"発生 (2011/03/21)

 21日(月)15:55、福島第1原発3号機から、"やや灰色ががった煙"が発生した。東電は、職員を退避させ、検証中としている。原子力安全・保安院と枝野幸男官房長官が相次ぎ会見を開き、この事実を追認した。

 枝野官房長官は、18:00過ぎの会見で、発煙があったことを認めるとともに、モニター数値に変化はないと述べ、現在詳細を調査中であるとした。

 原子力安全・保安院は、すでに事故の規模をレベル4からレベル5に変えたと述べ、スリーマイル島並みの重大事故となった。

 周辺地区にも影響が広がっており、人体に影響を及ぼす数値ではないが、政府は、福島・茨城・栃木・群馬のホウレンソウやカキナ、福島の原乳などの出荷制限を指示した。会見は、NHKテレビで全国中継された。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


火災防御訓練!ラポールなんたる

元気な小樽に乾杯!ワインカーニバル復活版

元気な小樽をアピール!国内外へ発信

「小樽写真散歩」《定山渓と恵庭渓谷紅葉狩り》

アザラシの引越し!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈